【50代から始める登山】こだわり満載の登山で疲れ知らず

山登りはアンチエイジングに適当なトレーニングといいながら、やっぱり山が好きな自分が見つかります。定期的に登っているといつしか山が好きになっているものです。こうなるとトレーニングはどうでもよくなって来たりしますね。

何故と問うとき哲学が始まるもので、ギリシア時代から哲学は何故という問いかけで始まるものと決まっていました。何故に正しく唯一の答えを導けない、すべての哲学的命題はナンセンスだと喝破したのはウィトゲンシュタインでした。

絶対的な正解はないのだから、そこに山があるからという古典は置いて、自分で思弁しようという趣向です。つまり自分で山について、何故と問い、自分であれこれ答えを考えるのです。

例えば山が美しいから。山の美しさに魅入られた人は数多くいますので、この答えはさし当たり正しく見えます。しかし、多くの人が賛同するのが答えの条件でしょうか。決して違うでしょう。わずかの人が同意できなくても、正しい答えはあり得ます。

坂道を登る辛さを乗り越えるのが登山だから。辛さを乗り越えると強さが実るという実利的な答えをする人もいますよね。入り口はそのようなものでよいでしょう。分かりやすいですし、利益が明確です。しかし、強さが不要なら、登る必要がありませんし、強さに魅力を見ているのであって、対象が登山になっていません。

さまざまな危険をコントロールする必要があり、それらを乗り越えるところにスリルがあって、山の魅力になっている。そうですね。そうも思えます。でも危険なことはできるだけ避けるべきですし、一般の低山ではコントロールが必要な危険はそれほど多くありません。

空気が美味いというという答えも良く返されます。気功でもするのでしょうか。本来の気功は非常に複雑で、習得するのに何年も必要です。そんな気功を登山の道行きでできません。恐らく、激しさと熱を帯びる呼吸のことを意味しているのでしょう。でも山の中にはアレルゲンになる物質が多く潜んでいます。

私を山に誘った友人がいましたが、山で食べるインスタント食品が美味しいからと彼女は言いました。とても簡単で直情的、しかも魅力的な答えに思えました。でも私はカレーが好きではなかったのです。個人的レベルでの正解もあるのですね。

成功体験を得て、家に帰るのは仕事と人生の成功に通じると考える人は登山を人生のシミュレーションにしているのでしょう。その要素を見いだすことは可能でしょう。こう感じられるなら良いでしょうね。

問題を解決する方法はたくさんあります。現地にあります。この原理を今まで難度も繰り返し経験してきました。むしろ解決できなくなる道を特定する方がずっと難しい。でも山は迷い道が多くて、正解が少ないとなれば、論理が逆転してしまいます。

「案ずるより産むが易し」は信じるに価する台詞?登山口から登山道を見上げて、頸が痛くなった時もそのように考えようとしましたが、ダメでした。山頂まで、早く帰りたいと言いながら登り続けたのを忘れられません。

昔の友人を思い出しながら、一歩を進める山歩きが素敵です。昔の思い出の中からとびっきりの奴を引っ張り出して、その情景をイメージして、思い出の友人と対話をする妄想が気持ちよく、時間の経過を忘れるほどです。

変わらず山はそこにあるが、今日の山は違うように感じます。そんな経験を生駒山の登山道、暗がり峠を歩いている時にしました。小学生の時から何度も越えている峠なのに、その日だけはいままでと違う感じを受けたのです。

哲学書を持参するのも味があります。私たちは足跡を残して山を下ります。そしてまた明日から足跡を残して老いの坂を登り続けるのです。

今回は山行きに伴うリスクを考えておきたいと思います。特に最近はシーズンを迎えると当たり前のように不幸なニュースが流れるのが気になります。知らなかったでは済まされない、アウトドアに潜む危険について最低限の知識は必要でしょう。

植物などは追いかけてくるようなことはありませんが、危険な植物もあります。気がついたら腕が真っ赤に腫れ上がって、痛くて曲げることもできなくなっていたとなると、もう二度と山になんか行きたくないと思ってしまいます。

だから長袖長ズボンが必須です。そしてヌルデ、ウルシ、ハゼノキなどの毒性のある植物については図鑑などで前もって確認しておきましょう。大切なのは近づかないようにすることで、これは相手が動物であれ、植物であれ共通した約束事です。

当たり前ですが、山中には多くの野生生物が生息しています。植物だけではなく、動物、昆虫などに加えて、野生化した生物などが含まれてきます。確認しておきたい事実はこれです。野生の中で人間が最も低能な存在だということです。

危険生物に関する知識を活用して危険回避しましょう。確かに人間の運動能力は動物の中で、最低ランクかも知れませんが、それでも他の動物よりも考える力は優れているはずです。それを活用するべきです。相手を知ることは力です。

野犬は群れて囲んで襲ってきます。最近でも飼い犬が野生化して郊外などにいます。山の中に生息するようになったのも少なくありません。そんな犬が一匹で襲ってくるなら棒きれ1本で追い払うこともできるかもしれません。

一旦追い払えたと思っても、野犬は必ず群れを作って再度襲ってきます。そのときは周囲を囲むように襲います。もはや棒きれ1本ではどうしようもないでしょう。のど元を棒で守るようにして構えて、逃げ道を見つけて、少しずつ後退するようにして逃げます。

そして最悪の相手である熊と出会ってしまったら、動いてはいけないのが鉄則です。視線を熊に定めて決して動いてはいけません。といいつつ、最近は熊の性質も違っているそうで襲ってくることもあるそうです。

そうなると絶体絶命です。ナイフなどの鋭利な武器を用意して相手の鼻先を目がけて戦うことになります。熊は一撃で殺そうとはしないそうで、怪我をしたとしても、一瞬に賭けることで命は助かるチャンスはあるそうです。

猪は猪突猛進しないので、木に登って逃れるのが一番です。ただし猪でも多少のジャンプ力はありますので、低い場所で安心してはいけません。できるだけ高いところに登りましょう。

ニホンザルは人間の眼に止まらないスピードで動ける動物です。体格が小さいと思っていると、大変な結果を招きます。彼らと戦って勝ち目はありません。空手の黒帯も無力です。蛇、まむし、ヤマカガシ、ハブなども侮れないスピードで動きます。

スズメバチの警戒音に注意するのは山中に限らず、町中でも同様です。スズメバチは巣に近づくとカチカチと警戒音を出しますので、巣から速やかに離れるようにしましょう。マダニ、ムカデなども同様の危険性があるので注意が必要です。

最近の注目株、外来危険生物、ワニ亀などのかみつき亀の類も警戒しておくのが賢明でしょう。水際でうっかり遭遇するのは危険きわまりないです。これらの生物からは慎重に距離を置くようにするのが肝要です。

自然現象ですが、雷鳴が聞こえた時点で、家屋への避難を考えましょう。自然は人間の力を超えた存在という考えを思い出す機会になれば、それだけで山行きには意味があります。山の中には薬もあれば毒もあって、それを決定するのは関わる人間自身です。結局は、一人一人の品性が問われているのかも知れませんね。

登山に出かけて、ご当地ならではの名物をお土産にだけするのはもったいないと思います。日常と非日常との往復運動として登山を考えると、ご当地の名物も非日常的体験を彩る要素になります。まずそれを自分で堪能するのが、大人の特権ではないでしょうか。

お土産は各地で開発されているから創造性に目を留めたい。どこも同じようなものだろうと考えるのはもっともなことです。確かに都会の工場に製造依頼して、販売だけしている売店も見受けられます。しかし、最近はご当地で知恵を出して新たな名物を開発する動きも盛んになってきています。

名物を食べるならご当地の伝統に根ざしているものがお薦めです。ご当地の伝統なので、他の地域と共通していたりもしますが、それぞれに工夫が見られ、味わいが違っています。味わいこそが精になるそうです。

たまに山奥でおさしみ定食?に出会うことがあります。その時には謎を感じますよね。物流が全国に普及した結果、地元住民の方々には大きな恩恵をもたらしたに違いないでしょうけど、旅客の一人としては、文明の恩寵であるごちそうは避けて通りたい。

逆にどこにでも食べられると思える、そばには地方色の違いが隠されています。出汁の味わいは店舗毎に違っていても、それでもある種の傾向がありますし、何をトッピングしようか工夫しているところに地方を感じます。

お土産に多い甘味だけど、見立ての違いが楽しみです。同じようなまんじゅうでも、地元で製造している限り仕上げや甘味の強さなど工夫が随所に見られるからです。包装紙などはジャーナルに貼り付けて記念にしています。

お茶請けから酒の当てまで、なかなかの品揃えです。これらを習慣に従って家族、友達へのお土産とするだけなのは寂しい限りでしょう。地元創成の政策はさまざまな形で芽吹いているのに注目したいものです。

例えば登山の行きに買って、途中で食べるというスタイルはいかがでしょう。鞄の中に、ポケットの中に気になるお土産を詰めておいて休憩の時間などに味見してみるというのは、結構お薦めです。

予期しない待ち時間をイライラせずに過ごせます。田舎に行けば行くほど、予測できない隙間時間が生じたりしてスケジュールが狂ってしまいます。そんなときに鞄から文庫本を取り出すのも良いですが、同時に買い置いたお土産とお茶を楽しむのはなかなか素敵な時間を作ってくれます。

あるいは宿での夜中の楽しみを確保しておけば後悔しません。山の中は夜が早いです。夕方には売店が閉まってしまって、もちろんコンビニエンスストアなど見当たらなくて往生してしまった経験を何度かしました。自販機などは見つかりますが、飲み物だけでは残念すぎます。

楽しみ方に決まりはないが、マナーの基本は大切にしたいですね。旅の恥はかきすてという言い習わしはあるのですが、ゴミなどのポイ捨ては感心できません。こんな時、売店でもらった小さなポリ袋が大変役に立ちます。これもお土産を出だしで入手したおかげですね。

他人の領域、文化、習慣、環境を冒さないのが原則です。自分の自由にできるのは、他人と分離できている領域だけでしょう。例えばどこで食べるか、公園の中のベンチなら良いですが、店舗の前を無断で拝借するのはマナー違反です。

自分で未経験なお土産を家族、友達に自信を持って渡せてますか?僕にはためらいがあります。できるなら、自分が美味しいと感じたものを渡したいです。それでこそ一部であれ、体験の共有になるように思うからです。

それでもときどきがっかりするものにも出会うのが旅の味です。箱の中がカビていたなんていうのは悲しい思いをします。それは30年以上前の昔話ですが。

このページのトップヘ