【50代から始める登山】こだわり満載の登山で疲れ知らず

tozann



必要は発明の母であるなら、必要がなければ発明は生まれないという結論になるでしょう。そんなことはないとも言えますが、私たちの日常生活を見回して、考えてみても何かの工夫をしなければならないことって少なくなったように思いませんか?

まず時間を短くする工夫なんて不要でしょう。お風呂は自動でお湯の温度や湯量を管理してくれるし、暑ければエアコンのスイッチ、寒ければヒータを使うまで。急にお腹が空いたと思えば、3分ほどでなんとかなりませんか。

昔のSF映画で描かれた未来生活と同じようなライフスタイルをしたければできる。それが私たちの生きている時間と空間といえるでしょう。出歩く必要すらないという世界が引きこもりの背景にあるのは間違いありません。

人間は不自由さを嫌う生き物です。不自由さを快適にしようというベクトルで発展してきた100年の文明は、周囲から不便を排除したのですが、以外と意識しない間に便利さにも鈍くなっているといえます。

便利も当たり前になってしまうと、感謝も喜びも驚きもありませんよね。火を付けるのにライターやマッチを使うのは当たり前であって、喜ぶことだとは誰も考えないでしょう。人間は持っているものにはすぐに慣れてしまう性質をしています。

だからこそ無くしたときに、必要だったとありがたさを知って愕然とします。当たり前だった生活が損なわれた時に、なくしたものの存在が大きなものとして迫ってきます。スマートフォンを紛失した途端、スマートフォンが大切だったことを直観して、青ざめてしまいます。

山には薬もあるが、知識と工夫が必要です。山には何もないようで、長期間の滞在を支えるだけの懐深さがあります。修行者たちが何年も山の中で修行できたのは山にそのような包容力があったからこそ。

しかし、ワンタッチでは何も手に入りません。サバイバルしようとしても、木の実一つ食べられないかも知れません。昼は暑さに打たれ、夜は露に冷やされるだけです。山は無知の人や工夫をしない人たちを排除します。

そのような環境に身を置くと携帯電話が使えない時間を実感するでしょう。スマートフォンが手元にあっても、電波を捉まえられず、電池が消耗されてしまいます。すぐに役立たずの荷物になります。充電するためのコンセントがなければ、カメラとして使うのにも気を遣うほかありません。

日頃コンピュータを使い慣れているなら、山の中にいるわずかな時間でも使わないと非日常になります。記憶し記録しておくノートのありがたさが身にしみます。工程表や宿の情報をネットドライブにおいたままにしていた失敗をしました。

当たり前ですが、休む場所を探さなければ、休むこともできないという感覚は日常的なものではないでしょう。腰掛けるだけでは休めないという実感は普段忘れています。さらに山で雨が降ったら湿度で神経を病みそうになりますが、これも普段意識しません。

お弁当を食べようとしたら箸を忘れたことに気づいたという経験があります。家にいれば箸を忘れるなんてありえないですが、一旦外に出ると、あるのです。そんなとき、ナイフで落ちている枝を削れるかどうかが問われます。

休む以外に回復の手段はないというのも、家や町中では感じない感覚です。食べることでごまかすことはできません。しかし、休むことに必要な荷物は多分バックパックには入れていないでしょう。

たかる虫にいらいらしても逃げ場なんてありません。どこにでも虫はいます。トイレはもちろん、木の陰に、そして足下や顔の周り。気がついたら蚊柱の中に立っていたなんてことも。当然の日常生活で便利という贅肉を身にまとってしまっていないか問われます。

朝早く出かけて、登山口から山頂までまっしぐら。頂上を確認した下山して家路につくだけという登山のイメージは貧困すぎます。小学校の遠足登山なら仕方ありませんが、大人の遠足なのですから、もう少し発想を柔軟にしたいですよね。

まずはなにをおいても縁起を確認するのが大切です。古くから有名な山には必ず縁起が伝えられているもの。縁起を知ることで、地元の歴史との関わりが明らかになってくることもあります。物語として純粋に楽しめる場合も少なくありません。

ただし伝説伝承を疑うなかれ、と強くお願いしたい。伝説が科学的でないと主張してもナンセンスです。科学は少なくとも明治時代以降の通念に過ぎません。伝承には人間の知恵が多く織り込まれているものです。それらを疑っても何も実らないでしょう。

例えば一説に拠れば、高尾山の開山は奈良時代の行基に由来するそうですが、行基がその時代高尾山に登ったというには根拠が弱いそうです。で、その由来を疑って何か得るものはあるでしょうか。何もありはしません。むしろそのくらい古くから伝えられてきたと考える点に大きな意味を見ることができます。

加持祈祷、交通安全が願掛けの中心テーマです。真言宗に所属している以上は加持祈祷であり、人々の心配事の中心に焦点を合わせるのが真言宗のあり方です。真言仏教を柱にして、さまざまな伝承が接ぎ木されているのが特徴でしょう。

それは「力石」・「天狗うちわ」などの縁起物に表れています。古来の信心を加持祈祷などにより、祈願しているそうです。大切なのはそれらの願いが多くの人によって共有されているという事実なのです。

精進料理でお腹を清めるというのも一つの趣向になります。場合によっては精進料理を楽しめるでしょう。精進料理は修行の一環ですので、食事を通じて修行に参加するという意味も持ちます。楽しんで修行になるなら素敵ですよね。

観光地化した周辺地域を見逃さないようにしたい。単に商業主義だと蔑む人もいますが、地元の人たちの活力を肌で感じて力を得る機会になるはずです。それに資本主義社会で商業主義を蔑むのは見当違いです。しっかりと観光地を味わいたいものです。

意外な博物館や美術館が見つかることもあります。都心を外れた場所柄、地価が安くなるためか、小さな博物館を発見することもあります。事前に確認して、時間が合うようであれば訪ねてみたいスポットになるでしょう。

武蔵御嶽山は崇神天皇の時代に遡ります。もはや史実なのかさえも判然とはしません。しかし、人々が御嶽山にお参りしはじめた頃には既に開発されていた状況なのでしょう。ここも歴史の流れを伝承の中に含み持っています。

盗難除け、魔除け、豊作などを祈願するようになっています。昔はキツネ落としなどがあったはずですが、なくなっているようです。時代によってなくなる場合もあるということでしょうか。

神楽などのイベントも企画されているので伝統芸能に触れるチャンスになります。ビジターセンターに立ち寄ってみると、その他のイベントや体験企画の案内もあるので、情報を仕入れておくとよいですね。

近くで立ち寄れる施設があるかもと期待するのが温泉です。温泉を探してみましょう。温泉に入りゆったりと過ごすとリフレッシュは一段階二段階とレベルアップするのではないでしょうか。そこに地酒をという諸氏もいらっしゃるでしょう。

登山に出かけて、そのまま帰ってしまうのはもったいないです。観光地化されている山であれば、その周辺にさまざまなアイデアと人とを引き寄せているはずです。それらもはた山の影響下という意味では山の一部です。さらには季節に応じた変化を楽しみたい。

山道を歩くとき、足下がおろそかになるのは危険ですが、日差しを避けながら歩いていると、木々の木漏れ陽がまぶしくて目を上げてしまう瞬間があります。そんなときには立ち止まって、遠慮せず周囲に注意を向けてみます。

そこにはきっと素敵なな声で呼び交う鳥たちがいるに違いありません。いろいろな雑音が溢れているでしょう。あるいは子供たちの嬌声があり、自動車のエンジン音が谷の向こう側から響いているかもです。それらの雑音から鳥の声だけに集中します。

環境音の一部として鳥の声を楽しむのが素敵だと思います。雑音を意識から排除していくと、鳥たちの羽ばたき音まで聞こえてくるようになります。心がしんとして耳が自然の中に馴染みます。

一定の時間録音して、帰宅後に楽しむのはいかがでしょう?最近は録音用のICレコーダも安く、小さくなり携帯に便利になりました。メモリカードを一枚増設して1時間くらい同じ場所で音を拾っているのはどんな感じでしょう。

本格的なバードウォッチングはかなりのハードワークです。視力が弱ってしまったのでさらに敷居が高く感じられます。分かりやすい鳥なら、見分けるのも可能ですが、似ていて見分けにくい鳥になるとまるっきりダメになってしまいました。

取り寄せならぬ鳥寄せというバードコールは職人芸です。取り寄せならネットで簡単ですが、バードコールは専用の道具を使ったり、道具を自作したりして、鳥の鳴き声の真似をして呼び寄せます。鳥の鳴き声に関する知識が必須です。

季節によっては渡り鳥も見つかるでしょう。季節に関する知識が欠かせません。渡り鳥がどこまで下りてきているかという情報を詳細に追跡しておきます。そして目撃情報などの共有が求められます。

麓と山中とに見られる鳥に種類の違いがあります。地方差だけではなく、高度差も鳥の住み分けに大きく関係していますので、バードウォッチングは複雑な知識が前提になっているのです。事典はあっても、見分けるのが難しい。

裸眼では難しいこともあり、双眼鏡が便利ですが、双眼鏡は倍率だけ良くても役に立たちません。安ければ何でもよいと思って、持って行ったけど、まったく焦点が合わず、ズームが何の役にも立ちませんでした。

高級な値段の根拠は焦点と歪み補正機能にあります。レンズの加工に技術と手間が必要であり、ここで価格の差が出てきます。それなら少しでも良いものをと言っている間に、双眼鏡は5万円を越えてくるかも知れませんよ。

単独行を前提にすると服装にも若干の問題を感じます。鳥に見つからない服装は、事故したときに面倒です。アースカラーという自然に馴染む色合いの服は滑落して動けなくなった場合、捜索から見つけにくいものになってしまいます。

結論を言えば、山歩きをしながらバードウォッチングは上級者向けです。カタログを眺めていると、装備も段々と贅沢になっていきます。そしていざ出かけようと鞄に詰めると、すごく重くなってしまって、玄関のドアの前にしゃがみ込んでしまいかねません。

日本野鳥の会のホームページを検索してみましょう。探鳥会や講習会に参加してみるのもひとつです。どうせバードウォッチングのようなおしゃれな趣味に手を出すのなら、しっかりとした基礎を身につけておけばお得な気もします。

趣味のステップとして次の段階にあるものとしてバードウォッチングを考えてみてはいかがでしょうか。将来、誰か山行きの連れができたときに話題を提供するのに一役買ってくれるのは間違いないでしょう。

いずれにせよ低山ハイキングに充分馴染んでから、手を出すのが大人の態度です。あれもこれもと同時に手を出す子供じみた真似は卒業しましょう。

このページのトップヘ